この場は(株)トミーウォーカーのPBW『Silver Rain』と言うゲーム内に存在する天城剛一の愛と勇気と感動とポロリ?が満載のブログ(※嘘)である。    関係無いヤツは去って下さいお願いしますお願いします頼む!


プロフィール

天城 剛一

Author:天城 剛一
年齢  :18歳
生誕日:4/2
性別  :男
職業  :学生(卒業間近)
本業  :青龍剣士×魔剣士
趣味  :単車弄り、釣り、音楽鑑賞、格闘技全般



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


突然の訃報
…今日、蜘蛛を集めているヤツらの拠点を探していたヤツらが帰って来た。
皆満身創痍で、無事なヤツの方が少なかった。
生きて帰った事に喜んだのも束の間だったが。

──帰って来たヤツらは……一人、足りなかった。

聞いた所によると、皆を逃がす為最後まで残ったらしい。
10歳と言う若い身空で逝っちまった彼女。
まだやりたい事等もあっただろう。
だが、その道は永遠に閉ざされてしまった。
あの忌むべき、蜘蛛の妖獣達のせいで。
彼女の訃報を聞いた他の能力者達も、悲しみに暮れる者、憤る者、我武者羅に力を求める者…その感情の表現方法は様々だった。

かく言う俺は我武者羅に力を求める者だった。
失わない。
そのためなら躊躇わない。
失わないために、あえて踏み込む勇気を得る。
それだけを胸に、あの日、あの時より生きてきた。
だが、その力を持ってしても遠く離れていた彼女達を護る事は適わなかった。

しかし、帰って来たヤツらは情報も持ち帰っていた。
その情報を元に、近々相手に対し攻勢に出るらしい。
恐らく、能力者達の胸中は同じだろう。

俺達を護る為、犠牲になった彼女の弔い合戦。

敵は強い。だが、それがどうした。彼女は命を賭けて俺達を助けてくれた。
ならば、俺達は彼女に助けられた借りを返す。
彼女は俺達が命を賭けるのを良しとはしないだろう。
だが、俺達は、学園の能力者は、既に覚悟を決めている。

…恐らく誰も止まらないだろう。
止まる事など最初から頭に無い。
一心不乱に、AHEAD AHEAD GOAHEADだ。
俺達の仲間を手にかけた報い、存分に受けると良い。


…一心不乱に進んだ先に、全てが終わった時には、どうか俺達の未来には、望んだものがありますように…ってな。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。